TOKOROM BLOG

iOSとかVimとかその他日々の雑多な技術情報

Objective-Cで非同期処理のテストをシンプルに書く方法 はてなブックマーク - Objective-Cで非同期処理のテストをシンプルに書く方法

Permalink

非同期処理のテストってどう書いてますか?

標準のXCTest自体がサポートしていれば良いのですがそうではないので、非同期処理のテストを書きたい場合には、その仕組みを自作するか出来合いのライブラリを利用する必要があります。現実的な選択肢としては、

  • GHUnitやKiwiなど非同期処理をサポートしたテストフレームワークを利用する
  • GHunitの非同期処理のテストの仕組みを真似て抜粋したライブラリを利用する(意外とこれが多いかも?)
  • expectaなどのマッチャーライブラリに付属の非同期処理の仕組みを使う

となるかと思います。 ただ、私が調べた時点だとどれもしっくりきませんでした。

まず、GHUnitやKiwiなどを採択している場合には良いのですが、非同期処理のテストを書くという目的だけのためにそれらのフレームワークを使うというのは冗長すぎます。

また、GHUnitの非同期処理の仕組みだけを抜き出したライブラリもありますが、TestCaseの親クラスを決まったものにしないといけない(例えばGHAsyncTestCaseを継承したTestCaseで場合のみ利用できるとか)という縛りができるのと、非同期処理を発火する前にprepareとかを呼ばないといけないのがちょっと鬱陶しい。

そういう意味だとexpectaなどのマッチャー系のライブラリの場合、親クラスも限定されないし、非同期でマッチさせたいところでその機能を使うだけなのでとてもシンプルではあります。ただ、これはこれでマッチャーで非同期処理の完了を待つ性質上、マッチするときはいいけどマッチしないときはタイムアウトまでそこで処理が待たされるという大きな課題があります。

こうしたい!

ぼくとしては理想的にはこういうライブラリを使いたいと思いました。

  1. テストフレームワークを使っていなくても非同期処理のテストだけが実現できるシンプルなもの
  2. TestCaseの親クラスが限定されないほうがよい
  3. 余分なコードを書かずにシンプルに書きたい
  4. それを利用することでテストの実行が遅くなったりしない

しかし、当初探した限りではこの条件にマッチするものが見つかりませんでした。

他言語ではどういう書き方をしている?

なお、他言語ではどういう書き方が一般的なんだろうと調べてはみたのですが、なかなかしっくりくるものが見つからず、Objective-Cでこう書けたらいいなあと思ったのは RubyMotionで使われている書き方 でした。

http://mobiletou.ch/2013/10/第五回-rubymotionでhttpや非同期処理を含むユニットテスト

1
2
3
4
5
6
7
8
some_method_with_block {|some_data|
  @data = some_data
  resume
}

wait_max 1.0 do
  @data.should.equal foo
end
  • 待たせたい場所で wait
  • 待たせている処理が終わったら resume

という本当にシンプルで分かりやすい書き方です。

ということで、Objective-Cで同じようにWait & Resume方式で親クラスを限定せずに使えるシンプルなライブラリを作ることにしました。

TKRGuard

そして作ったのが TKRGuard です。

TKRGuard をimportするだけで先のRubyMotionとほぼ同じ書き方ができます。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
// #import "TKRGuard.h"

__block NSString *response = nil;
[self requestGetAsyncronous:^(id res, NSError *error) {
    response = res;
    RESUME;
}];

WAIT;
XCTAssertEqualObjects(response, @"OK!");
  • 待たせたい場所で WAIT
  • 待たせている処理が終わったら RESUME

とするだけです。決まった親クラスも必要ありませんし、事前のprepareとかも必要ありません。

RESUMEが呼ばれなかったらどうなるの?

RESUMEが呼ばれない場合はWAITのところでタイムアウトエラーになります。GHUnitで同様のケースが発生すると(少なくともぼくが使ったことがあるバージョンでは)Xcode上でテストケース以外のどこかの場所でエラーが発生したことになりどのテストケースでそれが発生したのかよくわからない状態になってしまいました。

TKRGuard ではきちんとどの WAIT の部分でタイムアウトが発生したかを、Xcode上でもCUI上でも確認できるようにしてあります。

GHUnitみたいにSuccessとかFailedを通知したい

一方でGHUnitでは待たせる処理が終わったときに kGHUnitWaitStatusSuccesskGHUnitWaitStatusFailure を通知して、待っているほうで期待した通知が来ているかを判断する仕組みがあって、それが便利なケースもありました。

そのため、 TKRGuard でもその仕組みを貰っています。具体的には、

1
2
3
4
5
6
7
8
9
[self requestGetAsyncronous:^(id res, NSError *error) {
    if (error) {
        RESUME_WITH(TKRGuardStatusFailure);
    } else {
        RESUME_WITH(TKRGuardStatusSuccess);
    }
}];

WAIT_FOR(TKRGuardStatusSuccess);

というようにGHUnitと同じことができます。

タイムアウトの時間を変更したい

1
[TKRGuard setDefaultTimeoutInterval:2.0];

でデフォルトのタイムアウトの時間を変更することができます。

また、WAIT_MAX(2.0)で特定の箇所だけタイムアウト時間を指定することも可能です。

WAITとかRESUMEとかいうマクロを使いたくない

デフォルトではより簡単に短いコードで書くためにWAITRESUMEといったマクロを有効にしていますが、人によっては変な短いマクロを定義しないで欲しいと思うことがあるかもしれません。その場合は、 UNUSE_TKRGUARD_SHORTHAND を定義することでそれらを無効にできます。その場合は、TKRGuardクラスのクラスメソッドを自分で使ってWait&Resumeを書きます。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
#define UNUSE_TKRGUARD_SHORTHAND

__block id result = nil;
[self requestGetAsyncronous:^(id res, NSError *error) {
    result = res;
    [TKRGuard resumeForKey:@"xxx"];
}];

[TKRGuard waitWithTimeout:1.0 forKey:@"xxx"];
XCTAssertEqualObjects(response, @"OK!");

その他便利機能

WAIT_TIMES(2)で1つのWAITでRESUMEを2回待たせるといったことも可能です。 なにかが複数回発火するのを待たせたい場合に便利です。

Kiwiでも使えますか?

使えます。Kiwiの非同期処理のテストはマッチャータイプで時間がかかることがあるため、非同期処理を待たせたいところだけ TKRGuard を使うのも有用かもしれません。

Kiwiを使う場合はKiwiをimportした後にTKRGUARD_USE_KIWIを定義してください。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
#import "Kiwi.h"
#define TKRGUARD_USE_KIWI
#import "TKRGuard.h"

SPEC_BEGIN(KiwiTests)

describe(@"Sample", ^{
    it(@"can test asynchronous functions", ^{
        __block id result = nil;
        [Sample asyncronousProsess:^(id res) {
            result = res;
            RESUME;
        }];

        WAIT;
        [[result should] equal:@"OK"];
    });
});

SPEC_END

インストール

CocoaPodsを使っている場合は、

1
2
3
target :YourTestsTarget do
  pod 'TKRGuard'
end

とテストのターゲットを指定してインストールするのが良さそうです。

CocoaPodsを使っていない場合は TKRGuardディレクトリ以下 のファイルをプロジェクトに突っ込んでいただければ利用可能になります。

Comments