5分で終わるFirebase App Distribution(プロジェクト作成からテスターへの配信まで)

Firebase App Distiribution

先日BETA公開されたFirebase App Distributionですが2020年3月終了のFabricからの移行先としてはもっとも有力ですよね1

先日「Firebaseを利用していない既存アプリを配信するためだけにFirebase App Distributionを使いたい!」と思い試してみたら、あまりにも簡単で「これは10分で設定から配信まで完了するんじゃない?」と思い、実際に、

  • Firebase未導入のビルド可能なプロジェクトがある状態
  • Firebaseのプロジェクトを作成するところから開始
  • 配信用にアプリをビルドしてFirebase App Distributionでテスターに配信するところを終了

という条件で実際にストップウォッチで測ってやってみたところ、なんと「4分43秒」で終わりました!

stoptime

この記事用にスクショを撮影しながらでもこのタイムだったので、本気でタイムアタックしたら3分切れると思います。

ということで「10分で終わるFirebase App Distribution」という記事を書く予定だったのを「5分で終わるFirebase App Distribution」に変更してお届けします。

そもそも

アプリにFirebaseを導入するには基本的にはfirebase-ios-sdkをアプリに組み込む必要があります。

しかし、App Distributionだけを利用したい場合にはこのSDKの組み込みは不要です。この記事ではSDK組み込みをスキップしていますので、AnalyticsなどFirebaseの他機能を利用したい場合には他のチュートリアルをご利用ください。

設定チュートリアル(実際の手順)

Firebaseのプロジェクトを作成

  • まずはFirebaseのConsoleにをブラウザで開いてプロジェクトを作成します

create-project

  • 今回はApp Distributionのみ利用するので「Googleアナリティクス」はOffにしておきます

off-analytics

  • プロジェクトを作成したらここにiOSアプリ(配信しようとしているもの)を追加します

create-app

  • 設定が必要なのはバンドルIDだけです
  • XcodeのプロジェクトからBundle Identifierをコピーしてペーストします

register-app

  • 今回は「設定ファイルのダウンロード」「Firebase SDKの追加」「初期化コードの追加」はスキップしてしまいます
  • そのまま「コンソールに進む」としてしまってOK

go-to-console

これでFirebaseのプロジェクトが作成され、配信するアプリを登録できました。

実際に配信する

それでは、実際にアプリをApp Distributionで配信してみましょう

  • まず、アプリをArchiveして適当な場所にエクスポートします
  • エクスポートしたアプリのipaをApp Distributionのページにドラッグ&ドロップします

drag-ipa

  • アップロードが終わったらテスターのメールアドレスを追加します

add-tester

これでテスターに配信完了です!

おわり

これだけで終わりです。

あとはテスターにこんなメールが届いているはずですので、

mail

「Get setup」からインストールしてもらうだけです。

この記事で書いていないこと

  • AdHoc or Enterprise?
  • AdHoc配信の場合のUDID管理まわり
  • fastlaneなどの設定

  1. Fabricからのオフィシャルな移行先なので ↩︎

所の執筆・監修した書籍

iOS 11 Programming

iOS 11 Programming

  • 著者:堤 修一,吉田 悠一,池田 翔,坂田 晃一,加藤 尋樹,川邉 雄介,岸川 克己,所 友太,永野 哲久,加藤 寛人,
  • 製本版,電子版
  • PEAKSで購入する
iOS 12 Programming

iOS 12 Programming

  • 著者: 加藤 尋樹,佐藤 紘一,石川 洋資,堤 修一,吉田 悠一,池田 翔,佐藤剛士,大榎一司,所 友太,
  • 製本版,電子版
  • PEAKSで購入する