Octopressでソースコードの一部分だけを参照する

この記事は投稿日から1年以上が経過しています。

おさらい:Octopressでソースコードを表示する

まずはおさらいでOctopressでソースコードを表示する方法は以下のとおり。

1. 指定のディレクトリにファイルを置く

置き場所は source/downloads/code
例えば、ここに sample/test.rb というファイルを置いておく。

$ mkdir -p source/downloads/code/sample
$ cp test.rb source/downloads/code/sample/

2. include_code でそのファイルを指定する

{% include_code sample/test.rb %}

これで↓のようにそのコードが表示できる。 {% include_code sample/test.rb %}

コードの全てでなく、指定した箇所だけ表示したい

それでは、この test.rb の中の to_fraction というコードだけを表示したい場合はどうしたら良いだろう?
じつは現行のOctopressのデフォルトの状態ではそれができない(*1)。

ただ、この機能は v2.1 では既に実装済みのようで、Octopressを master ではなく 2.1 ブランチから取ってこればこのコードの一部分だけを表示する機能が使えるようになる。

この経緯については、 OctopressのPull request に記録がある。

2.1 ブランチをpullしてOctopressをアップデート

$ git pull octopress 2.1
$ bundle install
$ rake update_source
$ rake update_style

以上で取り込み完了です。
masterでなく 2.1 からpullしていることに注意が必要。

include_code にstartとendを指定する

あとは、↓のように include_codestartend を指定するだけで、

{% include_code sample/test.rb start:5 end:11 %}

コードの一部分だけを表示することが可能になる。

{% include_code sample/test.rb start:5 end:11 %}


*1: 2012/7/15現在の話。後述のとおり2.1では実装済みなのでじきに普通にできるようになるはず。

所の執筆・監修した書籍

iOS 11 Programming

iOS 11 Programming

  • 著者:堤 修一,吉田 悠一,池田 翔,坂田 晃一,加藤 尋樹,川邉 雄介,岸川 克己,所 友太,永野 哲久,加藤 寛人,
  • 製本版,電子版
  • PEAKSで購入する